住宅ローンの金利を比較!

住宅ローンは、それぞれ金利が異なります。金利が固定制の場合もあれば、変動制の場合もあります。いずれにもメリットは有りますしデメリットがあります。そのため、住宅ローンを組む場合は、それぞれの良さを比較したうえでどれにするのかを決めるべきです。
固定性のメリットは、毎月の支払いが一定になるため、返済計画が立てやすい点です。その代わりデメリットとしては、一定なので下がることもありません。変動制はそれに比べて、金利が下がる可能性があります。ただし、下がらないこともありますし上がることがあります。
このどちらかが良いかは、結果的に35年のローンであれば、35年たってようやくわかることです。金利の変動は予測はできますが、あくまで予測でしかありません。そのため、返済が完了した段階でようやくその判断が可能となります。したがって、これはどちらが良いのかは結局わからないというのが回答になります。したがって、住宅ローンを選ぶ際に、変動か固定かは、あまり悩まない方が良いです。むしろ、悩むくらいなら固定の方が良いです。固定だと、最終的な支払総額は前もってわかりますし、経済が悪い方向へ傾いた場合でも金利は変わりません。リスクを考えれば悪いことの方に備えておいた方が安全です。それに、住宅ローンは景気が良いから下がるというわけでもなく、変化がないのに上がることもあるなど、貸す側に有利です。そのため、固定を基準として、各社の金利を比較したほうが変に悩まなくて済む分おすすめです。